まんざらでもない生活日誌略して「まんせい」

本、漫画、映画、音楽が好きなサブカルになりきれない者の戯言です

自分の中の「ぐりとぐら」がテントから出てこない。

ブログはじめました。

はてなブログを始めるという「いまさら感」が自分の中ですごい!

しかも はてブの方々はみんな「意識高い」感じの文章を書かれてるので

ちょっと怯えている。


そんなわたしの意識はめちゃんこ低いし

正直まだページの設定の仕方もよく分かってないので

どうか生ぬるい目で見てほしいです。


以前にやっていたブログは開設してほぼ10年。

思いっきり主観的な漫画や小説、映画やライブなんかの感想を書いて

同じ趣味を持つブロガーさんたちとキャッキャウフフ、

ディスり合うことも荒らされることもなく、

アクセス数なんて少ないながらも

牧歌的な雰囲気でやっておりました。


しかし、時代の流れにより仲良くしてたブロガーさんたちも

続々とツイッターに移行。

自然と自分もツイッタラーに。


そんななか、なぜ今さらブログをはじめるかというと

自分の中で最近ドンヨリ感がハンパなくてですね~。


そんな自分の心情をどうにか絵で説明したいと思って

低レベルな画力を駆使して描いたのがコレですよ↓


f:id:poweredbymbm:20160524161442j:plain


ぐりとぐら』のカステラを作る話、

子供のころに読んだことある人多いと思います。



そうそう、あれ「パンケーキ」じゃないですからね!

「カステラ」ですんで。


道の真ん中に落ちていた、ふたりでやっと持てるくらいの大きなたまご。

それを使ってふたりは大きなフライパンでカステラを作って

森の仲間たちにふるまうのですが。


・・・・・・・・・・・。


まあ、そもそもね!

「落ちていた」 つってるけど、ほんとかどうかって話ですよ!

つまり、ただ置いといただけかもしれないんですよ!

ちょっと後で取りにきましょう、って。


あんなデカいたまご、産むとしたら

片翼が七里くらいある怪鳥

(*「ゴールデンカムイ」でアシリパさんが話してるような。

知らない方すいません)

ですよ!


ぐりとぐらにたまごを持っていかれ、カステラにされた恨みたるや、

想像したらものすごいですよ。

『あの野ネズミめ!わたしのぼうやをよくも・・・よくも・・・!許さない!!』

ですよ。


たぶん、今も虎視眈々とぐりとぐらを追い詰めて

食べる日を狙ってるわけですよ。


ぐりとぐら、うしろ、うしろーーーー!!!



まあ、そんなやさぐれた想像をするくらい、最近の自分は

Deep into the sea みたいな。

意味はよく分かりません。



朗らかだった自分の中のぐりとぐら

ご覧のとおり、テントに籠ってしまいました。


ヤル気ねえ~~~~!!!!

つってます。


絵の中のぐりとぐらが多少太ってるのも

運動不足でしょう。


コカ・コーラとカップやきそばUFOみたいな、

ジャンクの上にジャンクを重ねた最凶フードを毎日食べていたのも原因です。

やきそばUFOにはマヨネーズもマストでした。


とうぜん、それを食べたあとは

レディーボーデンのアイスクリーム(バニラ味)を

ひとり1パイントずつ食べては眠る日々。


森の仲間たちも心配しています。


『俺たちもあのカステラ食べたよな。

今にも怪鳥が後をつけてくる気がしてならねえ・・!』

って。



「ヤル気ねえからしばらく外に出るのはやめよう、ぐり」

「おお、そうしよう、ぐら」

というわけで、ふたりはテントからいまだ出てきません。




・・・・・ここ最近、仕事をしてなかったので

延々マンガや小説をずっと読むような生活をしていたため

内省的になりすぎたのカナ?(てへぺろ

季節の変わり目だしネ!



インプットするだけでなくなんかアウトプットしたほうがいいのかも。

などと思って文章を書き始めたらこのザマです。

めんぼくない。


そんな感じですが、読んだ本やら漫画やら、映画やらについて

少しずつ語っていけたらいいなー、なんつって。

どうぞよろしゅう。